アスベスト処理の流れ

懸念材料ピックアップ
現地調査により、図面だけではわからない箇所の確認⇒採取⇒分析を行います。
施工計画書作成
監督省庁への提出
工事が決定したら計画書を作成し行政、労基等に届出を行います。
アスベスト対策工事
(内装解体工事)
日本建築センターやベターリビングによる建築技術審査証明を取得した工法により、安全で確実な施工を行います。 飛散抑制剤、防止剤、封じ込め材については自社開発を行い、認定、特許を取得しています。
特別管理
産業廃棄物処理
業務提携している業者により、法に定められた適正な処分を行います。
引渡し
アスベストを除去、封じ込めした後の復旧工事までを一環して行い、お預かりした建物を安全な状態にしてお返し致します。
完了報告書の作成
監督省庁への提出
工事が問題なく完了したことを行政、労基に報告致します。
富士セラでは徹底した事前調査・施工管理で、安心安全なアスベスト処理をお約束します。
資料請求・お問合せ